プロフェッショナル・ヴォーカル・レコーディング


プロフェッショナル・ヴォーカル・レコーディングでは、プロの現場での作品づくりと同じように、レコーディングに時間と手間をかけ、細部にこだわった完成度の高いヴォーカル・トラックを制作いたします。

こんな想いを実現します。

●オーディションや資料用にハイクオリティな音源をつくりたい。
●昔つくった作品のヴォーカルトラックだけ差し替えたい。
●弾き語り音源をつくりたい。
●レコーディングで、コーラスグループのスキルを磨きたい。
●自身の歌の理想を形にしてみたい。
●時間をかけてじっくりレコーディングしたい。

 


【プロフェッショナル・ヴォーカル・レコーディングの流れ】

<事前アドバイス/打ち合わせ>

●事前に送っていただいた音源などの資料を元に、レコーディングに臨む準備について、アドバイス、打ち合わせをいたします。

<レコーディング当日>

①いただいた音源を事前にPCに流し込み、機材などのスタンバイ完了した状態でお待ちします。

②歌いはじめる前に、歌い方や機材の使い方の確認、アドバイスなどをいたします。

③ヴォーカル・レコーディング
・レコーディングを通して、きめ細かくアドバイス、ディレクションをいたします。
・トラック数、時間などの制限はありませんので、じっくり取り組んでいただけます。
・コーラスグループのレコーディングも可能です。(レコーディング方法など詳細は要ご相談)

トラック・セレクション
・レコーディングした歌のトラックから、よい部分だけをセレクトし、完璧なトラックをつくります。

ピッチ、リズムなどの補正、エディット作業もおこないます。
 ・この作業は見学していただいても、おまかせいただいてもかまいません。

  <Option/ コーラス・ダビング>
    ・ご希望に応じて、コーラスやハモりパートのレコーディングもいたします。

⑥ミックス・ダウン(トラック・ダウン)
・ヴォーカル全体とカラオケとのバランスを取る仕上げ作業です。

⑦ wav、mp3など、ご希望のフォーマットでオーディオファイルを作成の上納品いたします。

 

ヴォーカル・レコーディング・セッション(時間制限なし)/¥50,000(税別)

●事前打ち合わせおよびアドバイス
●レコーディング前のチェック、およびアドバイス
●プロ仕様機材によるレコーディング/ディレクションおよびエンジニアリング
●トラックセレクト、およびエディット
●ミックスダウン
●ご希望のフォーマットでオーディオファイル作成

<オプション>
・コーラスダビング
・ギターなど楽器の弾き語り

 


【ナビゲーター/大槻啓之(おおつきひろゆき)】

作曲家・アレンジャー・ギターリスト 業界屈指のこだわりのサウンドクリエイターとして、 ロックのみならず、J-pop、R&Bなどさまざまなジャンルの音楽のサウンドクリエイトに携わる。

 

 

 

 


いきなりレコーディングが不安であるという方は、ヴォーカル・レコーディング体験セッションをご利用ください。詳しくはこちら>>